滋賀県の雄琴で一際輝くソープランド

By | 2014年7月10日

雄琴は日本を代表するソープランド街だ。
ソープといえばマットや湯船に使った潜望鏡など
独自のプレイが存在するがその技術領域では他の風俗業種を圧倒する。
何度も講習に時間を掛け新人でもすぐに上達する管理体制。
ソープ雄琴a>アマンクロス。
さらに客に記入してもらったプレイ後のアンケートシートを分析し
問題がないか常に目を光らせている。
ここまでエロとプレイテクニックを追求し
顧客から圧倒的に高い指示を受けるお店は他にはない。
しかも抜くだけで終わりといった他のソープや
極端に時間の短い飛田新地などとは違い
フィニッシュ後にそそくさと帰り支度を急ぐ必要もない。
ゆっくり時間をかけて添い寝やハグなど
フィニッシュ後の心配りや配慮も万全だ。
だから一度ならず二度、三度と
自然に何度でも行きたくなってしまうのだろう。
人の心の奥底までを徹底的に考え尽くした究極のおもてなし。
是非ともその心に刻み込んでいただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です